グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 呼吸器内科

呼吸器内科



概要・方針

呼吸器科は肺、気管支などの呼吸器系の病気を取り扱う内科の部門です。呼吸器疾患には各種肺炎、肺結核などの感染症、気管支喘息などのアレルギー疾患、肺癌、慢性肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支拡張症、気胸、間質性肺炎などのびまん性肺疾患、慢性呼吸不全などと大変たくさんの病名が挙げられます
当院は知多半島の中核病院として、診療を行っており、あらゆる呼吸器疾患を対象としています。半田市を含め周辺地域から多くの患者さんが受診されています。夜間・休日も24時間体制で救急外来にて対応しており、必要なときには呼吸器科医師も診察します。特に私たちは、根拠に裏付けられた治療を念頭に、ガイドラインを遵守し治療方針を立てており、患者さんの理解と同意に基づき十分な信頼関係のうえで、患者さん、御家族とともに病気と向かい合うことを方針としております。医師だけではなく看護師、薬剤師、理学療養士などのチームにて医療を行っています。
日本内科学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会の教育認定施設に指定されています
名古屋大学医学部呼吸器グループの協力のもとに診察をおこなっています。
学会発表も積極的におこなっています。

診療内容と特色

当院の呼吸器内科は肺炎、喘息、肺癌、慢性閉塞性肺疾患、びまん性肺疾患などのあらゆる呼吸器疾患に対応しています。

肺癌

全て告知を原則としています。肺がんの診断、化学療法、放射線療法から緩和療法まで特にQOL(生活の質)を重視した治療を心がけ、外来での抗癌剤治療も施行しています。終末期を在宅で過ごしたい患者さんには訪問看護、病診連携にて対応しています。
また、早期肺癌に対し定位放射線治療も放射線科と協力して行っています。

気管支喘息

ステロイド吸入を基本として、ピークフローのモニタリング、喘息日記での管理を行っています。

びまん性肺疾患

診断を正しく行うことが重要であり、外科的肺生検を積極的に施行しています、またその診断は当院のみではなく院外での検討会でも検討しています。

慢性閉塞性肺疾患

慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法(HOT)や非侵襲的陽圧呼吸(NPPV)の導入を行っています。

結核

当院には結核病棟がないため排菌陽性の方は結核病院に紹介となります、排菌陰性の場合は当院で治療となります。

禁煙指導

喫煙は、がん・心臓病・肺気腫など多くの疾病の原因となるなど健康に悪影響を与えることが医学的にわかっています。また、受動喫煙についても健康被害があるとの研究結果が報告されています。私たちは禁煙をしていただくことが呼吸器診療に当たり、最も大切な事と考え積極的に禁煙を勧めています。
その他、あらゆる呼吸器疾患に対し呼吸器専門医がチーム医療で取り組んでおります。
すべての呼吸器疾患に対し、救急救命医療から慢性疾患管理、予防まで患者さまのQOLを重視した医療を提供していきたいと考えております

スタッフ紹介

役職 氏名 専門医・認定医・指導医 医師資格取得年
副医務局長
統括部長
小川 雅弘
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本呼吸器学会専門医・指導医
  • 日本アレルギー学会専門医
  • 呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 臨床研修指導医
平成3年
統括部長 池ノ内 紀祐
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医・指導医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
  • 気管支鏡専門医
  • 医学博士
  • 難病指定医
  • 臨床研修指導医
  • 日本結核病学会指導医
平成10年
部長 大橋 能理
  • 臨床研修指導医
  • 医学博士
平成10年
医師 牛嶋 太 平成25年

診療実績

平成29年度 平成30年度
気管支肺胞洗浄検査(BAL) 30 46
経気管支生検(TBB) 20 7
経気管支肺生検(TBLB) 116 92
抹消超音波気管支鏡ガイド下針生検(pEBUS-TBLB) 10 61
超音波気管支鏡下縦隔リンパ節穿刺(EBUS-TBNA) 9 40
異物除去 1 1
EWS(気管支重鎮術) 0 5