グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 産婦人科

産婦人科



概要・方針

産婦人科は、妊娠・分娩や子宮・卵巣疾患など女性の病気を取り扱う診療科です。当院は知多半島の中核病院として診療を行っており、半田市を含め周辺地域から多くの患者さんが受診されています。夜間・休日も24時間体制で救急外来で対応しており、必要なときには婦人科医師も診察します。正常分娩をはじめ流産・早産・子宮外妊娠など妊娠にかかわる急性期疾患の診察、癌を含めた子宮・卵巣腫瘍などあらゆる婦人科疾患を取り扱っています。また当院にはNICU(新生児未熟児センター)が設置されていることから、近隣の病院・医院より数多くの患者さんの紹介を受けています。また、患者さんや御家族には必ず治療方針を説明し、インフォームドコンセントを得た上での治療を基本としています。

診療内容と特色

診療内容

正常・異常に関わらず、すべての妊娠・分娩、不妊・不育症、無月経・月経困難症などの月経異常、子宮筋腫・子宮内膜症・子宮癌などの子宮の疾患、卵巣嚢腫・卵巣癌などの卵巣や卵管の疾患、絨毛性疾患、膣・外陰の疾患、性器の形態・位置異常や損傷、クラミジアなどの性行為感染症、避妊相談、更年期障害などの婦人科心身症、骨粗霧症などさまざまな産科婦人科疾患に対応しています。

特色

  • 毎週金曜日に助産師外来を行い、妊婦さん・褥婦さんの相談にのっています
  • 妊娠、分娩をよく理解し、安心してお産していただくために前期・後期に母親教室を行っています
  • 妊娠中の生活を快適に過ごしお産を少しでも楽にするために、月二回のマタニティヨーガを開催し多数の方に参加いただいています
  • NICU(新生児未熟児センター)が設置され、未熟児やリスクの高いベビーにも小児科医師が対応していますので、未熟児や母児のリスクの高い患者様が近医から多数搬送されてきます
  • 紹介入院された患者さんには、妊娠継続すべきか分娩とするべきか、分娩は経膣分娩か帝王切開かなど、妊娠週数や症例に応じて小児科医と相談した上で治療方針を決定しています
  • 癌の患者さんには、病状や症例に応じて手術療法・化学療法・放射線療法を施行し、外来通院となった後も定期的な診察や血液、画像検査で再発の有無などの確認を行っています。また診察後看護師が適宜患者さんと面談し、精神面でのケアーも行っています
  • 更年期障害の患者さんも最近増えており、年齢・症状や患者さんの希望に応じて漠方薬・ホルモン剤・安定剤などの処方をしています
  • 閉経前に婦人科疾患となり、手術で両側の卵巣を摘出せざるを得なかった患者さんにも、必要に応じて女性ホルモン楠充療法を行っています

スタッフ紹介

役職 氏名 専門医・認定医・指導医 医師資格取得年
副院長 石田 時一
  • 日本産科婦人科学会専門医・指導医
  • 母体保護法指定医
  • 医学博士
  • 名古屋大学臨床教授
  • 臨床研修指導医
昭和58年
統括部長 諸井 博明
  • 日本産婦人科学会専門医・指導医
  • 母体保護法指定医
  • 医学博士
  • 臨床研修指導医
平成18年
部長 丸山 春子
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 母体保護法指定医
  • 臨床研修指導医
平成11年
部長 澤田 雅子
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 臨床研修指導医
平成17年
医師 青井 好 平成25年
医師 諸井 條太郎 平成27年

診療実績

平成28年度 平成29年度
外来患者数 14,281 13,886
入院患者数 7,298 6,805
総分娩数 415 360
帝王切開術 147 124
双胎妊娠 16 5
鉗子・吸引分娩 19 14
母体搬送受入数 18 25
子宮頸癌手術 7 10
子宮体癌手術 22 10
円錐切除 9 11
卵巣癌手術 16 18
良性卵巣腫瘍手術 47 49
単純子宮全摘手術 86 78
膣式手術 26 10
筋腫核手術 8 13
異所性妊娠手術 6 5
腹腔鏡下手術 16 13
分娩は自然分娩を原則としていますが、症例に応じて必要と判断された場合は患者さんの同意を得た上で、誘発分娩・陣痛促進を行っています。また、近隣の開業医の先生方から紹介していただく妊婦さんには未熟児や合併症のあることが多く、帝王切開分娩の比率が上昇傾向にあります。
手術日は週3日で、当院は麻酔科医師も常勤しているため、癌疾患などの手術や合併症のある患者さんの手術も行っています。また他院からの搬送による緊急手術も、24時間体制で行っています。