グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 脳神経外科

脳神経外科



概要・方針

当院の脳神経外科は昭和57年に開設され、知多半島の中核病院として皆様の診療にあたってきました。
脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷をはじめとする脳神経疾患全般に対し、24時間体制にて対応しています。従来からの開頭手術等の脳神経外科手術はもちろんのこと、最近脚光を浴びている頭にメスを入れずに治療をする脳血管内手術や定位放射線治療も当院では、早くから行われ、良好な治療成績を残しています。

診療内容と特色

脳血管障害 くも膜下出血(脳動脈瘤破裂)、未破裂脳動脈瘤、脳出血、脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)、脳動静脈奇形、脳動脈・頚動脈狭窄・閉塞症、硬膜動静脈瘻など
頭部外傷 急性硬下血腫、急性硬膜外血腫、慢性硬膜下血腫、脳挫傷など
脳脊髄腫瘍 神経膠腫、髄膜腫、下垂体腫瘍、神経鞘腫、下垂体腫瘍、転移性脳腫瘍など
水頭症
くも膜嚢胞
小児脳神経疾患
機能脳神経外科 三叉神経痛、顔面けいれん
脊椎・脊髄疾患
その他 髄膜炎、頭痛、めまい、パーキンソン病、てんかん、痴呆症など
脳ドック
  • 脳卒中や頭部外傷等の緊急を要する患者さんが多いため、24時間対応できる体制をとっています。
  • 脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血や未破裂脳動脈瘤に対する治療として、開頭クリッピング手術(動脈瘤にクリップをかけて処置する)、血管内治療による脳動脈瘤塞栓術(マイクロカテーテルを脳動脈瘤まで導入し、マイクロコイルで血管の中から動脈瘤をつめる)を年齢、状態、部位を考慮して選択しています。
  • 脳出血に対しては、中等大以上の大きさものは、手術になることもありますが、多くは点滴治療後、リハビリテーションをすることになります。
    手術は、緊急を要する場合は開頭術、あるいは、神経内視鏡を用いた血腫除去術(小さな骨孔からカメラを入れて行います)を行っています。
  • 脳梗塞(脳血栓症、脳塞栓症)に対しては、MRIにて急性期の脳梗塞部位、閉塞血管を検索し、場合によってはt-PA静注療法を行っております。この治療法には、種々の制限があり全ての患者さんに対して行える治療法ではありません。適応となる代表的な患者さんは、以下に挙げるような場合です。
    1. 発症時間が特定されて、発症から3時間以内に投与開始できる場合
    2. 治療前のCT/MRI検査にて、脳梗塞の所見 が全くないかごく軽微な場合
    3. 脳梗塞の症状が軽症から中等症ぐらいの場合
    4. t-PA使用の禁忌となる血液検査の異常や、過去に重大な病気のない場合
    脳梗塞の多くは点滴治療・リハビリ治療になることが多いのですが、頚動脈狭窄や閉塞例では、頚動脈を拡張する手術やバイパス手術を行うことがあります。当院では、脳循環血液量をアイソトープによる定量検査で正確に測定して、脳虚血領域の判定や手術適応を検討しています。
  • 脳腫瘍に対しては、基本的には顕微鏡下に開頭腫瘍摘出術を行っています。
    下垂体腫瘍に対しては、経鼻内視鏡下手術(鼻腔内粘膜を切開し、カメラを入れて行います)を行います。
    化学療法を要する場合は、名古屋大学付属病院脳神経外科脳腫瘍グループの治療指針に基づいて治療を行っています。
  • 転移性脳腫瘍、深部腫瘍、脳動静脈奇形に対しては、定位性放射線治療(最新の治療用コンピューター機器にて正確に計測した腫瘍部位にX線を狙い撃ちすることで縮小させる治療)を放射線科と協力して積極的に取り組んでいます。
    手術と同様な効果を期待して行われるので、Xナイフとも呼んでいます。
    入院に要するのは数日で、従来の放射線治療に要した入院日数の約十分の一で済みます。
  • 脳血管内治療とは、手術室で行う開頭術と違って、メスを用いず、放射線科の血管撮影室にて行い、局所麻酔下にて大腿部の付け根または肘の動脈より、血管内経由でマイクロカテーテルを用いて、病変部に到達して行う治療です。

主な治療対象

  • 脳動脈瘤、脳動静脈奇形、頚動脈海面静脈洞瘻、硬膜動静脈瘻:塞栓術
  • 急性期脳動脈閉塞:血栓溶解術
  • 頭蓋内脳動脈狭窄、頚動脈狭窄、椎骨動脈狭窄:血管拡張術
  • 血管豊富な脳腫瘍、頭頚部腫瘍:手術前の塞栓術
  • その他、難治性鼻出血など

スタッフ紹介

役職 氏名 専門医・認定医・指導医 医師資格取得年
副院長 渡邉 和彦
  • 日本脳神経外科学会指導医・専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 医学博士
  • 名古屋大学臨床准教授
  • 臨床研修指導医
平成3年
統括部長 栗本 太志
  • 日本脳神経外科学会指導医・専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本神経内視鏡学会神経内視鏡技術認定医
  • 医学博士
  • 臨床研修指導医
  • 日本脳卒中の外科指導医
平成9年
部長 中村 茂和
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脊髄外科学会認定医
平成14年
部長 田島 隼人
  • 日本脳神経外科学会専門医・指導医
  • 日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
  • 日本神経内視鏡学会技術認定医
  • 医学博士
平成19年
名誉院長
(非常勤医師)
中根 藤七
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本認知症学会指導医・専門医
  • 医学博士
  • 日本医師会認定産業医
  • ICD(認定インフェクションコントロールドクター)
昭和48年

診療実績

疾患別頻度

平成29年度 平成30年度
脳腫瘍 43 41
破裂脳動脈瘤 38 38
未破裂脳動脈瘤 52 57
脳出血 126 124
閉塞性疾患 339 259
頭部外傷 121 100
脊椎脊髄疾患 4 2
水頭症 10 16
感染症 4 2
てんかん 31 32
その他 58 50
合計 826 721

手術等症例件数

平成29年度 平成30年度
脳腫瘍 摘出術 20 25
その他 0 0
脳血管障害 破裂・未破裂脳動脈瘤 29 39
脳動静脈奇形 3 4
頚動脈内膜剥離 5 9
バイパス術 14 10
高血圧性脳内出血(開頭血腫除去術) 24 23
外傷 急性硬膜下血腫 5 8
急性硬膜外血腫 5 2
慢性硬膜下血腫 70 64
水頭症 脳室シャント術 14 18
内視鏡手術 2 1
脊椎・脊髄 椎弓形成術 0 1
機能的手術 三叉神経痛、顔面痙攣に対する脳神経減圧術 3 1
その他 脳梗塞等に対する減圧開頭術 4 4
頭蓋形成術 9 9
髄液漏閉鎖術 1 1
気管切開術 6 4
その他の手術 15 8
試験開頭 0 1
脳室ドレナージ 11 4
血管内治療 破裂・未破裂脳動脈瘤塞栓術 27 17
血栓回収療法 9 23
頚動脈ステント留置術 13 11
その他 6 3

主な医療機器

  • 高性能CT:2台(ヘリカルCT、マルチスライスCTによる3次元血管撮影)
  • MRI:2台(1.5テスラー高性能MR、急性期脳梗塞診断、脳血管撮像)
  • 血管撮影装置(DSA)
  • 脳血流シンチグラム(SPECTによる脳血流定量)
  • 脳外科手術用顕微鏡
  • 神経内視鏡
  • 超音波メス
  • ドップラー血流計
  • 頭蓋内圧モニター
  • ナビゲーションシステム

その他

  • 当科では、できるだけわかりやすく病状や治療方針の説明をいたすよう努めています。
    また、重症患者さんや術後管理を厳重に必要とする場合は、集中治療室で管理をして行きます。さらに看護師、理学療法士と協力して、早期離床をはかっています。
  • 物忘れ外来を始めます」(平成29年3月~)