グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 臨床工学室

臨床工学室


臨床工学技士とは

臨床工学技士とは、「医師の指示の下に生命維持管理装置の操作及び、保守点検を行う」医療機器を扱う専門職です。そして近年医療機器の増加や高度化とともに、臨床工学技士に求められる仕事が増えてきています。

当院では血液浄化、手術室、血管撮影室、医療機器管理などの業務を行っています。

臨床工学室


血液浄化業務

血液浄化業務

各種血液浄化療法(HD、HDF、APD、PEX、ETX、G-CAP、CRRTなど)の準備・操作・保守管理

手術室業務

  • 人工心肺装置の準備・操作・保守管理
  • 手術補助(自己血回収装置、ナビゲーションシステム、眼科手術装置)の準備・操作・保守管理

手術室業務

血管撮影室業務

  • 各種周辺装置(IVUS、OFDI)の操作
  • 補助循環装置(PCPS、IABP)の準備・操作・保守管理

医療機器管理業務

  • 各病棟で使用される医療機器(輸液ポンプ、シリンジポンプ、経腸栄養ポンプ、低圧持続吸引器、フットポンプ)の集中保守管理
  • 人工呼吸器の回路組立・使用前点検、使用中点検
  • 各種医療機器、モニターなどのトラブル、修理対応
  • 勉強会(新人教育、新規購入機器、定期)

医療機器管理業務