グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 当院について > 病院概要

病院概要


半田市立半田病院は、背景人口約60万人、名古屋市の南に位置し、2つの離島を含む知多半島医療圏最大規模の病院です。急性期病院として、心臓疾患や脳疾患などほぼ全ての救急疾患に24時間対応するとともに、臨床研修指定病院、災害拠点病院などの指定を受けています。平成16年8月には、(財)日本医療機能評価機構による病院機能評価の認定も受け、さらに平成17年2月から救命救急センターを開設し、地域の医療に関して重要な役割を担っています。
今後も、より一層の病院整備に努め、住民の皆様の満足が得られる医療を追求していきます。
開設者 半田市長:榊原 純夫
管理者 病院長:石田 義博
所在地 〒475-8599
愛知県半田市東洋町2丁目29番地
TEL(0569)22‐9881
FAX(0569)24‐3253
病床数 一般病床:499床
診療科目 内科、消化器内科、呼吸器内科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、神経内科、循環器内科、心臓外科、精神科、小児科、外科、血管外科、整形外科、リウマチ科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科・歯科口腔外科、救急科、病理診断科
主な組織 救命救急センター、中央手術室、集中治療室、周産期センター、放射線技術科、中央臨床検査科、薬剤科、栄養科、臨床工学室、医療情報管理室、医療安全管理室(医療安全/感染対策)、地域医療連携室、中央滅菌材料室
主な医療機器 放射線部門 リニアック、ラジオサージェリー、血管造影撮影装置、MRI、全身用CT、X線テレビ、泌尿器撮影装置、核医学検査装置、乳房撮影装置、結石破砕装置、骨密度測定装置、コンピューター画像処理装置
自動分析装置、肺機能測定装置、長時間心電図記録装置、電子走査形超音波診断装置、電子顕微鏡、誘発電位筋電図装置、全自動輸血検査システム
手術部門 無菌手術室、電動手術台システム、手術用顕微鏡、ヤグレザー装置、超音波手術装置、鏡視下手術装置
診療受付時間 午前8時30分~11時00分
【休診日】土・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)
面会時間 一般病棟 【休診日】午後2時~午後
【休診日】午後0時~午後8時8時
集中治療室 【休診日】午後3時~午後4時、午後7時~午後8時
【休診日】午後3時~午後4時、午後7時~午後8時
その他 駐車場 556台(うち身障者専用20台)
サービスコーナー 売店、自販機コーナー、理髪店、外来食堂
キャッシュコーナー(ATM)