グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




出産育児一時金


出産育児一時金制度とは、健康保険法等に基づく保険給付として、健康保険や国民健康保険などの被保険者またはその被扶養者が出産したとき、出産に要する経済的負担を軽減するため、一定の金額が支給される制度です。

出産育児一時金直接支払制度とは?

出産育児一時金の請求と受け取りを、妊婦さんの方に代わって医療機関等が行う制度です。
妊婦さんは医療機関の窓口で、出産にかかった費用から出産育児一時金の額を差し引いた金額をお支払いいただければ良いため、退院時に窓口で支払う出産費用の負担が減ります。
出産育児一時金は、42万円(産科医療補償制度の加算対象外(22週未満の出産・死産)の場合は40.4万円)です。

半田病院では、直接支払制度をご利用していただくことを原則としています。
(この制度をご利用せず、一時金を医療保険者から受け取りたい場合はお申し出ください。その場合は、事前に預かり金を納めていただき、退院時に精算させていただきます。)
  • 出産費用が42万円(22週未満の出産の場合は40.4万円)未満の場合
    一時金と出産費用の差額を医療保険者に請求することができます。
  • 出産費用が42万円(22週未満の出産の場合は40.4万円)を超えた場合
    一時金で不足する額を退院時に窓口でお支払していただきます。

詳しい制度の内容については、ご自身が加入している医療保険(健康保険組合、協会けんぽ、市町村国保、後期高齢者医療制度、共済組合など)にお問い合わせください。

出産育児一時金直接支払制度の流れ