グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 放射線技術科 > 血管撮影装置

血管撮影装置


血管撮影

 全身の血管を対象とした検査・治療を行います。カテーテルを用いて細くなった血管を拡張する治療の他、標的臓器に薬剤や塞栓物質を注入して治療を行うことで、患者さんの負担の少ない治療を行っています。

撮影装置①

エックス線装置

撮影特徴
 循環器領域に特化したエックス線装置です。2エックス線管球システム(バイプレーン)で、2方向同時に撮影が行え、検査時の造影剤の使用量を少なくする事が可能です。また、血管の走行がわかりにくい場所や、他の臓器と重なる部分も多方向から同時に観察できるため、確実な診断により検査や治療を短時間で進める事ができます。



撮影装置②

エックス線装置2

撮影特徴
 主に頭部、腹部領域を対象としたエックス線装置です。フラットパネルディテクターによる回転撮影が可能で、3D画像の作成や、穿刺ガイド機能など様々な診断や治療をサポートする機能が備わっています。