グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 薬剤科 > 簡易懸濁法を実施されている患者さんへ

簡易懸濁法を実施されている患者さんへ


簡易懸濁法とは?

お薬を経管チューブから投与する場合に、錠剤やカプセル剤をそのまま温湯(約55℃)に入れて、くずれて溶けてからお薬を経管的に投与する方法です。

簡易懸濁法の利点

  • 経管栄養チューブが詰まりにくくなります。
  • 配合変化の危険性が減少します。
  • 投与可能薬品が増加します。
  • 投与時に再確認ができます。
  • 中止・変更の対応が容易になります
  • 細いチューブの使用が可能になります。
  • お薬代が安くなる場合があります。
  • 外来での待ち時間が短くなります。

温湯55℃の作り方

ポットの熱湯:水」を「2:1」の割合で混ぜると約55℃となります。
又は、ポットを60℃設定(ミルク設定)でコップ等に注ぎ5分程度冷まします。

※厳密に55℃である必要はなく、薬剤が溶ければ問題ありません。
※温度が高すぎると薬剤の安定性に問題が生じる薬剤もあるので、高くなり過ぎないように注意して下さい。

調剤方法